« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

巨人軍「闇」の深層

巨人軍「闇」の深層 西﨑伸彦 著
文藝春秋 (2016/8/19)
\842 | ISBN978-4-16-661088-4

著者は週刊文春の記者で、「原監督一億円恐喝事件」をスクープ

飲み屋さんで紹介され、気になっていた事件もあったので
読んだ本

内容は
序章 なぜ巨人軍に不祥事が続くのか?
第1章 野球賭博事件 - 底知れぬ闇と巨人軍の誤算
第2章 渡邉恒雄辞任 - 病巣はなぜ取り除けなかったのか
第3章 清原和博の栄光と挫折 - 巨人軍残酷物語
第4章 原監督一億円恐喝事件 - 巨人軍は何を守ったのか
第5章 選手に寄生する密接交際者 - 巨人軍暗黒の系譜
第6章 コンプラ軍団支配 - “小皇帝”の台頭

取材に基づいて、詳しく書かれている。
若手選手にも、様々な人達が近寄ってきて
人や行動の正しい判断ができなくなり
抜け出せなくなってしまうようだ。

コンプラ軍団の法務部は法律や規約の抜け道や盲点を突いて対応し
組織内かなり力があるようだ。
球団だけでなく、親会社のイメージも変わった。

事件を教訓に、警鐘を鳴らしていると感じた。

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »